から・ころロゴ

ワークから・ころタイトル 動物イラスト

「就労継続支援」とは

なんらかの理由で通常の事業所に雇用され、働くことが難しい方を支援する制度です。
「ワークから・ころ」は雇用契約を結ばない「就労継続支援B型事業所」です。
詳しくはこちらをクリックしてご覧ください。
ここでは自分のできる仕事やチャレンジしてみる仕事を体験する事で可能性に目覚め、
これからの生き方を考える事ができ、「自分は大切で、かけがえのない存在だ」という
自己肯定もできるようにサポートする仕組みがある場所です。

ワークから・ころの案内

「ワークから・ころ」ではご本人の夢(しょうらい)と希望(なかま)を見いだすことが目的です。
同じような境遇などで悩んでいた方が「ワークから・ころ」で出会い、仲間となり一緒に協力しあいながら、
作業にあたっています。ここで「自分にはどんな作業が向いているのか?」、
「自分には無理だと思っていたのに、やってみたら案外、簡単にできた。」、
また「自分の得意分野を更に伸ばせるような仕事がしたい。」といった利用者の方の考えを尊重し、
適性を考慮しながら利用して頂いております。
ここで利用者の方の声をご紹介します。

・男性利用者の声

前職の仕事で体調を崩し、しばらくブランクがあり、いきなり一般就労に戻るのには
自信がありませんでした。
そんな中で少しづつ自信を取り戻す、きっかけを与えてくれたのが「ワークから・ころ」です。
今も一般就労に向けて頑張っています。

・女性利用者の声

自分の心と、からだと向き合う事ができるようになりました。
また人と話せるようになりました。

ワークから・ころで働く作業内容

時期によっても変わりますが、「ワークから・ころ」では以下のような作業を行っています。
初めての作業でもスタッフやメンバーの方が優しく教えてくれます。

自動車部品にテープを貼る作業

自動車に使われているプラスチックの部品にスポンジ状のシールを貼る作業です。
初めのうちは少し難しい作業ですが他のメンバーさんが優しく教えてくれます。

箱折り作業

謙信せんべいを入れる箱を作成しています。
謙信せんべいは新しく出来た「道の駅米沢」などで購入することができます。
下の写真は作業中と完成品の写真です。この他にも時期によって様々な箱を折る作業があります。

箱を折っている様子です。
箱を折っている様子です。
箱の完成品です。
箱の完成品です。

モデルガンの部品加工作業

モデルガンに使われているプラスチックの部品をニッパーで
カットしながら加工していく作業です。

ポスティング作業

毎月定期的に一般のお宅やアパートにポスティングする作業です。
初めのうちはスタッフの方と一緒にポスティングしていきます。
最初は地図が読めなかったメンバーの方も次第に読めるようになった方もいます。
季節や天候によって大変なこともありますが、ポスティング中に
「お疲れ様」と言って頂いたり、いい運動にもなります。
また封入作業も行っています。

チラシ折り

様々なチラシを三つ折りに折ったり、折り終わったチラシを
順番通りに挟み込みを行う作業を行っています。

メンバーさんの特技を活かした作業

裁縫やイラスト、アイロンビーズ作成、またパソコン作業など、
メンバーさんの特技を活かした作業も行っております。
このホームページ内で使用しているイラストも「から・ころ」の
メンバーさんによる作品です。

アイロンビーズ
アイロンビーズによる作品
(マグネット付き)
裁縫による作品
裁縫で作成した布地のコースター
(ヒヨコちゃん付き)

ワークから・ころの楽しいイベント

「ワークから・ころ」では楽しいイベントがめじろおしです。
もちろん参加、参加しないは自由です。その年によって行うイベントは変わってきますが、
私たちと一緒に楽しい時間を過ごしてみませんか?
また月に1回、「スポーツの日」というものがあります。
もちろん、こちらも参加は自由です。
「スポーツの日」に参加されない利用者の方は通常どおり
「ワークから・ころ」で作業を行っています。
仲間と一緒にバドミントンをしたり、バスケ、卓球、バレーボール、
また体育館の上を走って体力づくりに励んでみませんか。
下記に今年「から・ころセンター」で行ったイベントの一部をご紹介します。

安久津八幡宮神社

2018年4月11日(水)に「春のピクニック」として、山形県高畠町にある安久津八幡宮神社に行ってきました。
ここには置賜地方唯一の三重塔(さんじゅうのとう)があります。散策した後に外でお弁当を食べました。
このお弁当は「キッチンから・ころ」で作って頂いたものです。
まだ桜は咲いていませんでしたが、綺麗な景色を見ながらのお弁当は格別で本当に美味しかったです。
その後、道路を挟んで向かい側にある「道の駅高畠」に行ってきました。
ここにはミニチュアサイズの昔の建物などが展示されており、見ていて楽しかったです。
高畠町に行く機会があれば、ぜひお立ち寄り下さい。

三重の塔
高畠町にある安久津八幡神社
お弁当
安久津八幡宮内で食べたお弁当

山形県鶴岡市の「一歩(いちほ)さん」との交流会

2018年7月3日(火)に「ワークから・ころ」のある山形県米沢市からバスで同じ県内の鶴岡市までむかい、
同じ就労継続支援B型等がある「一歩(いちほ)」さんとの交流会を行いました。
私たちのために事前にパワーポイントで資料を作って下さったり、
質問も事前に考えて下さったりと、本当にありがたかったです。
また「四季歩」という事業所を紹介する「から・ころ通信」のようなものが、飾ってあったり、
メンバーさんの上手なイラスト等も飾っていて、見ていて本当に楽しかったです。
最後に一歩さんからお土産まで頂きました。
9月には一歩さんが米沢市にいらっしゃることになっています。
今度はこちらが一歩さんに喜んで頂けるような交流会にできればと思っています。

  
から・ころへの歓迎ボード
ホワイトボードで私たちを
歓迎して下さいました。
一歩さん説明会
一歩さんによる作業内容等の説明

一歩さんで出して下さったお弁当
一歩さんで頂いた美味しいお弁当
一歩さんの展示物
一歩さんで作成した「四季歩」の展示

今後もスタッフの方と利用者の方が一緒になって企画し、楽しいイベントを
行っていきたいと考えています。

鶴岡市から「一歩(いちほ)さん」が米沢市にいらっしゃいました。

2018年9月4日(火)に「から・ころ」と交流会をさせて頂いた「一歩(いちほ)さん」が
今度は「から・ころ」のある米沢市にいらっしゃいました。
「NPO法人から・ころセンター」のある場所からすぐ近くにある「テクノプラザ」でお出迎えをし、
その後、テクノプラザ内にある「キッチンから・ころ」で「一歩さん」とご一緒にお昼ご飯を食べました。
一歩さんにも「美味しかった」との感想を頂きました。

その後、休憩をはさみ会議室で「から・ころ」がどういった所なのか、プレゼンでご紹介しました。
プレゼンが終わってから、この日に向けて「から・ころ」のメンバーが作成した
布地のコースターとアイロンビーズで作った作品と「謙信せんべい」等のお土産をお渡ししました。
その後、全員で記念撮影をしました。
「一歩さん」がお帰りの際には、こちらもお土産を頂きました。美味しく頂きました。

一歩さんにも喜んで頂けたようで、本当に良かったです。今後も一歩さんと交流を続けていけたらなと思いました。

プレゼンの様子
「から・ころ」メンバーによる
プレゼンの様子
一歩さんから頂いたお土産
一歩さんから頂いたお土産
(酒田米菓さんのおせんべい)

「ワークから・ころ」からのお知らせ

何か予定が入り次第、掲載しお知らせ致します。

視察等終了のお知らせ

2018年度終了視察等

資料請求・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ

住所:〒992-1127 山形県米沢市万世町牛森4150-6
 青空みるくセンター 2階
TEL:0238-40-8457 FAX: 0238-40-8458
(営業時間10時~18時)

地図

就労継続支援B型事業所である「ワークから・ころ」は1階が青空みるくセンターで
2階が「ワークから・ころ」となっております。